効率よくダイエットしたい方へ!千葉でおすすめの加圧トレーニングスタジオとお役立ちコラムを配信!
  • > 
  • 自宅で加圧トレーニングを行う危険性とは?

自宅で加圧トレーニングを行う危険性とは?

さまざまなトレーニングの種類がある中で、加圧トレーニングというのはご存じでしょうか。血液の流れを制限にして行うトレーニング法です。一般的な筋トレなどとは違い、自宅で自己流で行うのには危険が伴う場合があり、いくつか注意が必要となります。今回はその危険性を簡単にまとめましたので、安全で効果的にトレーニングをする際の参考にしてみてください。

間違えたトレーニング方法

ほとんどの場合、加圧トレーニングする時はプロのトレーナーさんの指示の元に行います。プロの方の指示に従っていれば間違えることはないとは思うのですが、もし自宅でトレーニングする場合はやり方を間違えないようにしてください。なぜなら、やり方を間違えてしまうと、貧血などの症状が出てきてしまう危険性があるからです。血流を制限するトレーニングですので、負荷のかけ方を間違えてしまうと、手足のしびれや静脈血栓の症状がでてきてしまうこともあり得ます。

また、あざが頻繁にでてきてしまうようになったら、トレーニング法を見直してください。強く締めすぎるとあざができてしまう可能性があります。血流の制限をする時間や強さは正しく行わなければ、危険な状況にもなりかねませんのでしっかりと確認して注意するようにしましょう。

加圧グッズの使い方

自宅で加圧トレーニングを行う場合、血液の流れを制限するための道具を用意しなければいけません。そんな時に、適当に自宅にあるものや自作したものなどを使ってしまうと非常に危険です。普通のベルトなどを「これくらいかな?」という感覚で使い、負荷をかける行為は素人判断では行わないでください。本来ならば血流を制限する行為は危険なので、市販されている専用の加圧ベルトを吟味して購入し、しっかりと使い方を理解してから使用することをおすすめします。

加圧ベルトの使い方は基本的にはとても簡単です。装着するだけで体に圧力がかかりますので、装着したら適切なトレーニングを行うだけとなります。かなりの圧力がかかりますので、装着する前は準備運動をしたほうが良いです。身に着けているだけでも相当な負荷がかかりますので、それを考慮した上で無理のないトレーニングメニューにしていきましょう。

トレーナーの役割

基本的には加圧トレーニングにはトレーナーの存在が重要です。なぜなら、あまり知識がない中で血流を制限する行為は血栓ができてしまうなどの、命に関わる症状が出る可能性があるからです。また、命に関わるような危険な状態までにはならなくても、思っているような効果が出にくいというのもあります。専門のトレーナーの指導の下で行うトレーニングは、正しい効果を余計な労力をかけずに引き出してもらうことができるので安心ですよね。

何の知識もなく自己流で行う危険で効果も出ないトレーニングよりは、多少お金をかけても専門のトレーナーの下で効率的にトレーニングをしたほうが、結果的にお得にもなるのではないでしょうか。トレーニングメニューも個人個人に合わせて考えてもらえるので、自分で試行錯誤して時間もお金もかけるよりはプロにお願いして効率的なトレーニングをしたほうが結果的には良い方向に向かうと思いますよ。

まとめ

素人判断で行う加圧トレーニングの危険性について考えてみました。やはり、結果的に一番良い方法は、さまざまな面から見ても専門のトレーナーがいるジムに通うことです。どうしても自宅で行いたい場合は、トレーナーの下で、ある程度トレーニングし、プロのアドバイスの下、無理しない程度にしておきましょう。

望んでいる効果や、合う、合わないなどによって自分にとって最適なトレーナーは違うと思いますので、トレーナー選びは慎重に行ってください。無料体験などがあると安心ですよね。