効率よくダイエットしたい方へ!千葉でおすすめの加圧トレーニングスタジオとお役立ちコラムを配信!
  • > 
  • 服装によって効果が変わる?加圧トレーニング時のおすすめウェア

服装によって効果が変わる?加圧トレーニング時のおすすめウェア

スポーツや運動にはそれぞれに応じたウェア選びが大切です。屋外で行うことが多いジョギングの場合、季節や気温、湿度などに応じたウェア選びが欠かせません。ウェアを誤ると暑い季節には熱中症のリスクなどが、また寒い時期には筋肉や関節の損傷や怪我にもつながります。また同じくジョギングやゴルフをする際も、ランニングタイツやインナーを着用することで、筋肉の疲労度を軽減できる他、スポーツ後の筋肉の回復を早める効果も期待できます。では、加圧トレーニングにはどのようなウェアがおすすめでしょうか。

加圧ベルトから肌を保護するウェア選び

加圧トレーニングの場合、腕と足の付け根に加圧ベルトを巻いて行うという点が大きな特徴です。ベルトを通して、それぞれの筋肉量や体調などに合わせた圧力をかけていくため、素肌にベルトを巻くことは当然避けなければなりません。肌に負担をかけないためにも、基本的にはベルトを巻く部分を保護できるウェアを選ぶことが大前提です。

ノースリーブや短パンは避けるべきですが、長袖だと適切な圧力をかける際に血管の確認がしにくいので、半袖が良いでしょう。サルエルパンツのように股下の生地に余裕があるパンツはベルトが巻きにくいため、膝にかかる程度のハーフパンツがおすすめです。ウェアの厚みも大切な要素です。厚すぎると適切な圧力がかかりません。伸縮性があり比較的薄めのウェアを用意することをおすすめします。

女性は下着の選び方も注意しよう

腕と足に加圧ベルトを巻いて、圧迫下でトレーニングを行う加圧トレーニングは、素肌で行うと肌に負担をかけてしまいます。薄手でストレッチの効くウェアを選ぶことで、動きやすく運動効果もあがります。

また女性はウェアの他、ブラジャーなどの下着も運動に適したものを選ぶようにしましょう。普段着用しているブラジャーは補正効果の優れたものが多く、一般的にはワイヤーが入っています。
しかしトレーニングを行う場合はワイヤーによって痛みを感じる場合や動きに制限がかかる場合もあるので、避けた方が良いでしょう。

ノンワイヤーのブラやスポーツブラであれば動きやすく、速乾性に優れているためアンダーバスト部分の蒸れやかゆみも起きにくいです。また加圧後は圧迫した部分より先の皮膚に、赤い点状の皮下出血が現れる場合があります。下着以外にも袖のあるウェア、膝が隠れる程度の長さのあるパンツを着用しましょう。

加圧効果のあるウェアを取り入れよう

スポーツ用のウェアの中には、加圧効果のあるものも販売されているので、必要に応じて取り入れると良いでしょう。特殊な繊維を使うことで着圧効果があり、着るだけで筋肉を引き締めることが出来るためトレーニング効果が上がる他、基礎代謝も上げることができます。

筋肉が鍛えられるメカニズムは、運動やトレーニングによって負荷のかかった筋肉が、修復する段階で肥大化し筋肉が増強されるというものですが、この効果をより高めてくれるのが加圧効果のあるウェアです。人間工学に基づいた設計で、着用することで自然と肩が開き肩甲骨は閉まります。

またお腹の筋肉を内側に向かって締め付ける着圧効果があるため、インナーマッスルへの効果も実証されています。加圧効果のあるウェアを着てトレーニングを行うことで、より低負荷で運動効果を高められます。

まとめ

加圧トレーニングは体に運動器具を装着して行う点で、ランニングや筋トレなどと大きく異なります。動きそのものは一般的なトレーニングに近いものですが、腕や足を圧迫しているためどうしても動きにくくなります。

しかし動きに制限がかかりすぎると、運動効果が下がってしまうため、自分に合ったウェア選びがより大切になります。汗による蒸れやかぶれをおこしやすい人は、なおさら慎重に素材選びをしましょう。適度な余裕のあるウェア、吸湿、速乾性に優れたものを選ぶこと、下着も締め付けの少ないものを選ぶことが、運動効果を最大限に引き出すポイントになるでしょう。