効率よくダイエットしたい方へ!千葉でおすすめの加圧トレーニングスタジオとお役立ちコラムを配信!
  • > 
  • 加圧トレーニングで体幹も鍛えられるのか検証

加圧トレーニングで体幹も鍛えられるのか検証

加圧トレーニングは、ジョギングや筋トレのような運動と比較して、圧倒的に低負荷で高い運動効果が得られます。また一般的な筋トレや運動を続けていくより短時間、短期間で効果が現れる点も人気のひとつです。加圧トレーニングは、腕と太ももの付け根に専用のベルトを巻いて、適切な圧力をかけます。そのため腕と足にしかトレーニング効果が無いと思っている人も多いのですが、実際には運動の仕方次第で全身に効果があり、自分では鍛えにくい体幹への効果も期待できます。

加圧していない部分にも効果はある?

加圧トレーニングで圧力をかける部分は腕と足だけですが、どのように加圧していない部分に効果が及ぶのでしょうか。加圧ベルトを通して圧力をかけた状態でトレーニングをすると、血流が制限されるため、全身が低酸素状態になります。これによってトレーニングで疲労した筋肉が回復しにくい体内環境になり、その結果成長ホルモンが分泌されます。

筋肉の成長を促してくれるので、筋肥大につながり弱った筋肉を低負荷でも効果的に鍛えることができます。このように圧迫部以外の部分にも、トレーニング効果が現れるメカニズムを知ることで、運動初心者の方や外出の難しい人も筋力増強が期待できます。

加圧の転移効果を利用して体幹を鍛えよう

加圧ベルトで負荷をかけながらトレーニングを行うことで、全身に成長ホルモンを行き渡らせることができます。実際に加圧するのは、腕と足だけですがこの成長ホルモンが全身に巡ることで、加圧していない腹筋や背筋など体幹への効果が期待できます。このように圧迫部以外にも効果が及ぶことを加圧の転移と呼びますが、お腹やせにも大切な体幹への効果も期待ができます。

しかし適切な条件下でなければ、その効果はうまく体幹にまで及びません。
まず一つ目には適切な加圧の設定です。全身の毛細血管にまで血液を巡らせることで、筋肉の成長促進をはじめとする様々な効果を引き出す必要があります。圧力が強すぎても弱すぎても効果は半減してしまい、加圧ベルトから遠い部位へまではうまく効果が及ばない可能性があります。

次に、加圧ベルトを巻いた状態で行うトレーニング時に、鍛えたい筋肉をきちんと意識できるかどうかです。
こちらは筋肉を意識した運動を行うという点で、ある程度の運動レベルが求められます。そのため運動初心者などは、加圧トレーニング前に体幹トレーニングをしておくことでも、十分な効果が期待できます。

加圧転移効果には様々な応用法がある

加圧の転移効果は、実際には加圧していない部分へも加圧効果が及ぶことを言います。加圧トレーニングは、腕と足に加圧ベルトを巻くので当然腕や足の筋肉を強化することができますが、トレーニング前に鍛えたい場所を動かして、筋肉に負荷をかけておくことで加圧しなくてもその部分の筋肉増強が見込めます。このような作用を応用して、様々な場面で利用されています。

その代表例がスポーツです。例えば野球であれば、速球を投げるために必要な筋肉や、正しいフォームに求められる筋肉増強が期待できます。ベルトを巻いた状態では、ベルトが邪魔で正しいフォームが取れません。加圧トレーニングを行う前に素振りや投球運動をすることで、必要な筋肉の増強が可能です。

また持久力の向上を狙って、心臓を鍛えることも可能と言われています。心臓も筋肉でできているため、トレーニング前にランニングなどで心臓に負荷を与えることで、力強く血液を送り出せる強い心臓にすることができます。
怪我や病気による後遺症などのリハビリにも応用されています。腰や肩など、直接ベルトを巻かない部位でも、加圧トレーニング前にリハビリを行うことで、怪我からの回復を早めることが可能です。

まとめ

加圧トレーニングの効果は、少しの工夫で全身へと効果が及びます。一般的にインナーマッスルは鍛えにくく、スポーツ選手など特定の筋肉を意識したトレーニングのできる人でなければ、効率的に鍛えることが難しい筋肉です。

しかしインナーマッスルこそ体幹を鍛えるために必要な筋肉で、女性の大敵であるウエストの脂肪燃焼にも体幹強化が欠かせません。さらに、体幹を鍛えることで基礎代謝が上がるため、痩せやすく太りにくい体質を手に入れることができ、また便秘解消にもつながります。
加圧トレーニングと体幹トレーニングをうまく組み合わせ、効率的にボディメイクをしましょう。