効率よくダイエットしたい方へ!千葉でおすすめの加圧トレーニングスタジオとお役立ちコラムを配信!
  • > 
  • 自宅で加圧トレーニングのメリットとデメリットについて

自宅で加圧トレーニングのメリットとデメリットについて

近年、加圧トレーニングはほどよく筋肉をつけ、しなやかで美しい体を手にしたいと望む女性を中心に人気があります。もともとは、効率的に筋肥大する目的で開発されたトレーニング内容で、一般的なトレーニングと比べると独特です。そのため専門知識を持つトレーナーの指導下で行うのが通常で、マンツーマンでのトレーニングになることも多く、それだけに費用が高額になりがちです。しかし費用面でも時間的制約の面でも、できれば自分で知識を得て、自宅で続けていきたいのが本音です。実際に自宅で加圧トレーニングを行うことは可能なのでしょうか。

 

費用面では自宅でのトレーニングが圧倒的に安い

加圧トレーニングは腕や脚に加圧ベルトを巻いて、個人に合わせた適切な圧力をかけながらトレーニングを行います。加圧しながら行うことで、ある程度血流が制限され、成長ホルモンの分泌を促すことで筋肉を増強できます。

このように一般的な運動と比較して、血流の制限や加圧、除圧といった専門知識を要するトレーニング内容なので、専門知識を持ったトレーナーのいるスタジオへ行くのが通常です。

当然費用も高額になる場合が多く、一回のトレーニングで5000円から8000円程度かかり、週に2回程度のトレーニングとしても、一カ月で数万円かかる計算です。当然、自宅のそばにスタジオがあるとは限らず、地方に住んでいればスタジオへ通うことさえ難しい人も多いはずです。

もし自宅でトレーニングができるとしたらどうでしょうか。もちろん加圧ベルトなどの専用器具は購入する必要があり、安全にトレーニングを行うためにも、血圧や心拍数を計測する必要があるため、血圧計などの準備も必要です。しかしこれらのイニシャルコストを考慮しても、長く続けていくなら自宅でトレーニングできるに越したことはなさそうです。

 

基礎知識は専用スタジオで得よう!

自宅での加圧トレーニングは、必要な道具や器具さえ揃えれば可能です。しかし前述のとおり、加圧トレーニングは専門知識を要するトレーニング法で、かける圧力や加圧時間などを間違うと、血管内に血栓が起こるリスクもあります。

そのため加圧トレーニング専用スタジオにおいても、専門知識や資格を持ったトレーナーやスタッフが血圧や心拍数を計測し、個人に合った圧力を割り出した上でトレーニングを開始します。

知識が無いまま間違ったトレーニングを続けると、危険を伴う可能性さえあるため、初めは必ず専用スタジオへ通い、加圧ベルトの正しい巻き方や巻く位置、加圧時間、適切な圧力などの基礎知識を得るようにすべきです。

一通りのトレーニング法を学び、万一の場合の対処法なども知った上であれば、自宅でもトレーニングを続けられるでしょう。ただしその場合でも、無理はせず不安や異常があれば、すぐにトレーニングを中止しましょう。

 

自宅で行う加圧トレーニングの危険性

自宅で加圧トレーニングを行う場合、必ず決められたガイドラインに沿ってトレーニングを行うこと、またトレーニングを行う毎に血圧などを測定し、適正な圧や加圧時間を調整することが最も重要になります。

適正値を超えた圧力や長時間の加圧は、低酸素状態を引き起こす危険性やめまいの原因にもなります。また腕と足を同時に加圧することも、心臓への負担が大きいのでしてはいけません。

さらに、トレーニングを行う時の体調を慎重に観察した上で、トレーニング内容を決めなくてはなりませんが、知識が無い人の場合には難しいでしょう。決して無理をしないこと、また足より先に腕を加圧するなど、負担の少ないメニューから少しずつ初めていくなど、慎重に進めていくことが重要です。

特に心臓や血管の既往歴のある人や、これまでに医師などから指導された人は自己判断をせず、専門スタジオで行うことをおすすめします。

 

 

まとめ

自宅で行う加圧トレーニングは興味本位や、知識のないままに行うとダイエットどころか血栓やしびれなどの危険を伴うリスクもあります。どんなスポーツやトレーニングもやり方を間違えば様々なリスクの可能性があり、加圧トレーニングだけが際立って危険というわけではありません。

自宅でトレーニングを行う場合は、全てを自分の責任で判断しなければなりません。加圧ベルトの正しい巻き方や加圧時間などを守ること、自分の体調をきちんと把握した上で、トレーニングの可否やメニューを決めることが何よりも大切です。