効率よくダイエットしたい方へ!千葉でおすすめの加圧トレーニングスタジオとお役立ちコラムを配信!
  • > 
  • 加圧トレーニングと筋トレはどちらがきつい?効果の出方の違いについて

加圧トレーニングと筋トレはどちらがきつい?効果の出方の違いについて

加圧トレーニングは血流を制限しながら行なう筋力トレーニングのことです。専用のベルトを使用し、様々な効果があるとして話題になっていますが、普通の筋トレと行なうトレーニングの内容は異なるのでしょうか?

専用のベルトを使用するだけで体に変化は生まれるものなのか、疑問に思う人も多くいると思います。そこで今回は具体的な加圧トレーニングの内容や効果の違いをご紹介していきます。

加圧トレーニングと筋トレの違い

誤解されていることが多いですが、加圧トレーニングの内容は通常の筋トレと同じです。ただ、加圧トレーニングは専用のベルトを使用して腕や脚に圧力をかけながらトレーニングを行なっていく方法となります。

筋トレの内容も目標によって異なりますが、ベルトを巻くだけなので内容を変更する必要性はありません。ベルトの仕様によっては水中でも使用可能なので、水中トレーニングも加圧トレーニングにすることができます。

通常の筋トレは長期間継続することで効果を発揮しますが、ベルトをトレーニングに加えることで短期間で結果を実感できるのもメリットとなります。
通常の運動でも体の中からエネルギーを作り出すことはできますが、継続しなければすぐに筋肉量は減少してしまいます。

圧力をかけながらトレーニングを行なうことで筋肉だけでなく血管の収縮と拡張を促すことができるため、健康な体を維持することも可能となるのです。その他にも血管の収縮と拡張を行なうことで血流が良くなり、体に様々な効果をもたらしてくれます。

加圧トレーニングは効果も違う?

トレーニングを行なう目的は、筋肉を付けることや脂肪を燃焼させなど人によって様々です。目的が異なれば必要とする効果も異なりますが、加圧ベルトを使用することで通常の筋トレでは出にくい効果もより発揮させることができます。

加圧トレーニングの一番の魅力は血流を良くすることで成長ホルモンの分泌を促すことができる点です。個人差はありますが、通常のトレーニングよりも約3倍の効果があるとされています。

成長ホルモンは体のあらゆる機能をコントールする役割を担っており、人にとって必要な代謝機能に働きかけます。代謝は物質をエネルギーに変える力であり、正常に機能していなければ健康面に大きな影響を及ぼす部分となるのです。

この成長ホルモンの分泌は運動によって増加する傾向にありますが、最も分泌するタイミングは疲れを感じた時です。筋肉を動かせば乳酸が溜まり、これが疲れの原因となります。乳酸が溜まり過ぎると体への悪影響も及ぼしますが、それとは別に成長ホルモンの分泌を促す役割もあるのです。

筋肉に圧力をかけることで乳酸が溜まりやすくなり、これにより成長ホルモンを大量に分泌させることができます。多く分泌されればエネルギーへの変換もスムーズにいくため、トレーニングの効率化を図ることができます。

また、血管に作用することで血流が良くなり、肌ツヤなど体調面を整えることも可能になります。通常のトレーニングを行なった場合よりも、血液の循環が活発化し、体内の不純物除去を促すことができるのです。健康や美容面の効果も異なり、メリットも多いのが加圧トレーニングのメリットと言えるでしょう。

誤解の多い加圧トレーニングの詳細

加圧トレーニングへのイメージとして、通常のトレーニングよりもきついと思っている人も多いと思います。筋肉に圧力をかけるという情報故にそういったイメージが付いていますが、実はこれは誤解なのです。

加圧トレーニングの魅力の一つとして、通常よりも少ない負荷でトレーニングができることが挙げられます。同じ時間で通常のトレーニングの倍以上の運動量を行なうことができるため、筋肉が付きにくい体質の女性のトレーニングに向いているのです。いきなりきつい運動を行なうのではなく、少ない負荷と時間で通常のトレーニングと同等の効果を得ることが可能なのです。

段階的に圧力も変えて、個人の状況に合わせたトレーニングを行なっていくため、最初から激しいトレーニングを行なうことはありません。しかし、誤解されていることで最も多いのが、加圧トレーニングは楽できるというものです。

加圧ベルトは補助ではないため、通常よりも楽に運動ができるものではありません。加圧状態で1kgのダンベルを使用すると、3kgのダンベルを持ってトレーニングしていることと同等になるだけで筋肉は通常と同じように働いています。そのため、感じる疲労も通常と同じようになり、決して楽して成果が得られるというわけではありません。

ただし、少ない負荷と時間でトレーニングできることで、運動を長時間行なうことが困難な人でも体を鍛えることが可能となるのです。こういった理由からリハビリにも取り入れられており、体の不自由な方や体力が衰えてしまっている人にとってとても重要なトレーニングとなっています。

蓄積される疲労に注意しよう

少ない負荷と時間で通常と同じトレーニングを行なうことが可能な加圧トレーニングでも、体を動かすことには変わりありません。そのため、短い時間でできるトレーニングでも疲労が蓄積されるという点はしっかり把握しておきましょう。

加圧トレーニングの目的は成長ホルモンの分泌を促し、エネルギー変換を効率良くすることにあります。トレーニングを行ないすぎてエネルギーを枯渇させることは本末転倒となってしまうため、適度な運動量を設定しましょう。

負荷が少ないと言っても成長ホルモンを多く分泌させるために乳酸が溜まりやすいように促すため、疲労感は感じずにはいられません。短時間でできるからといって、通常と同じ感覚でトレーニングを行なうと体のエネルギーがなくなり、細胞も乳酸によって損傷した状態になってしまいます。こういった疲労は蓄積されていくため、トレーニング後には疲労を改善できるような食事や休息が必要と覚えておきましょう。

トレーニングを行なって消費したエネルギーや栄養素を回復するにはトレーニング直後に食事を行なうことが効果的とされています。特に加圧トレーニングの後は栄養素を吸収しやすい状態となっているため、すぐに補給することが望ましいです。

しかし、トレーニング後の疲労状態では食事を行なうことが困難である場合も多いです。その場合は、たんぱく質が豊富に入っているプロテインや豆乳などの飲み物で補給するのがオススメです。

まとめ

通常の筋トレに加圧ベルトを使用していくことで簡単に加圧トレーニングを行なうことができます。通常のトレーニングと異なり、少ない負荷と時間で体を鍛えることができるため、アスリートも活用しているトレーニング法なのです。血液循環も促進させることで体調面や美容面にも効果があり、通常のトレーニングでは得られない効果も魅力の一つです。

しかし、行なう運動量は通常と同じであるため、蓄積される疲労には注意が必要です。トレーニング後のケアが重要となり、食事の管理もしっかり行なっていきましょう。

トレーニング後はエネルギーや栄養素が不足していますが、その分栄養素が吸収しやすい状態になっています。トレーニング直後にしっかり補うことで、理想の体作りを実現することができるようになるのです。