効率よくダイエットしたい方へ!千葉でおすすめの加圧トレーニングスタジオとお役立ちコラムを配信!
  • > 
  • 筋トレに加圧トレーニングを導入するメリットとは?

筋トレに加圧トレーニングを導入するメリットとは?

専用のベルトを使用して通常の筋トレにメリットを加えることができると話題になっているのが加圧トレーニングです。腕や脚にベルトを巻いて締め付けることで血管の収縮と拡張を促し、血行を良くする効果もあると美容やダイエットで行なう人も多くなりました。

アスリートもトレーニングに取り入れていることもありますが、具体的な効果とはどのようなものなのでしょうか?また、加圧トレーニングのメリットだけでなく、デメリット部分もしっかり把握して導入していくか検討していきましょう。

加圧トレーニングがもたらす大きな効果

加圧トレーニングは専用のベルトを腕と脚に巻き付けて圧迫することで、血液の流れを制限しながらトレーニングを行なっていきます。この血流の制限によってもたらされる効果は主に5つあります。

成長ホルモンの大量分泌

血流が制限されることで筋肉を早く酸欠状態に持っていくことができます。これにより、乳酸が溜まり疲労することで成長ホルモンの分泌が促進されます。成長ホルモンが分泌されることで体内のエネルギーに変える力が増幅するため、太りにくい体を作り上げていくことができるのです。

血行促進

2つ目の効果は血行促進です。締め付けによる血管収縮と拡張を繰り返すことにより、血管に動きが生まれます。血流が多くなれば代謝も良くなり、血管の老化防止や若返り効果に繋がります。

回復力の向上

3つ目は回復力の向上です。血流が促進され、成長ホルモンが多く分泌されることで体内のエネルギーを補充することができます。エネルギーを増やすことができれば怪我の回復が早くなり、健康な体作りへと繋がっていくのです。

筋力アップ

4つ目は高い筋力アップ効果です。圧力をかけることで少ない負荷と時間でも確実な筋肉を付けることができます。

美容効果

5つ目は美容効果です。血流が良くなり、成長ホルモンが多く分泌されるにより、体内の調子が整えられていきます。これにより肌の調子も良くなり、若返り効果も期待できるのです。

筋トレとしてのメリット

美容や健康面ではなく、筋トレとして加圧トレーニングは導入するだけの価値があるのでしょうか?筋力アップに重きを置いている場合は疑問に思う方もいると思います。

そもそも加圧トレーニングとは肉体美を追究するボディビルダーが考案したトレーニング方法なのです。少ない負荷と短時間で高い筋力アップが実現できるため、多くのボディビルダーがこのトレーニングで日々肉体を作り上げています。

体に強靭な筋肉が付くメカニズムはトレーニングや栄養素と休養のバランスが取れていることです。トレーニングで筋肉を痛めつけることで脳が危険信号を出し、それによって命を守れるようにより筋肉を強化しようと働きかけます。
ただし、痛めつけすぎては強化が間に合わず、細胞が壊されて必要な筋肉が生成できなくなります。そのため、壊されないように栄養を取って休息し、筋肉が構成されるのを待つのが筋肉が身に付いていく仕組みとなります。

加圧トレーニングでは短時間で運動量を増やすことと血流を良くし回復量を高めることを同時に行なえるのがメリットです。また、加圧トレーニング後は栄養素をより吸収しやすい状態になっていることもメリットとして挙げられます。このメリットによって、筋肉を作り上げる条件がより強固となり、ボディビルダーのような肉体を実現することができるのです。

普段の筋トレに導入するには?

加圧トレーニングは通常の筋トレに専用のベルトを加えることで始めることができます。市販のベルトであれば、数千円で手に入るものもあり、自宅でも簡単にトレーニングを行なうことが可能となっています。

マジックテープで巻きつけるタイプのベルトはかかる圧力の調整も簡単に行なうことができます。体調や体型に合わせて調節できることが利点であり、強く巻き付ければ強い圧力をかけて本格的なトレーニングを行なえます。

ワンタッチで取り付けられるベルトは毎回同じ圧力でトレーニングできることが特徴です。毎回圧力を調節する必要性がないため、すぐにトレーニングを始められることがメリットとなります。

ジムでより本格的で高度な加圧ベルトでトレーニングしたい場合は、導入している施設を探すことになります。加圧トレーニングの指導資格を持ったトレーナーが在籍しているジムで、指導の元でトレーニングを行なうと安心できます。ベルトの購入も指導資格者の元で行なえるため、普段の筋トレや目的と合わせて器具の選択ができます。

普段の筋トレに導入する前に、まずは自身のトレーニング目的を明確にしておくことも重要です。ダイエット目的か肉体作りを目的にしているのか、それによって圧力の度合いは異なってきます。使用するベルトにも違いがあるので、しっかり確認してから導入していきましょう。

デメリットには十分注意する

メリットの多い加圧トレーニングですが、もちろんデメリットも存在します。元々ボディビルダーが筋力アップに使用していたトレーニングであるため、圧力の調整が難しい点がまず挙げられます。

元が筋力アップのみに特化したトレーニングのため、圧力の選択を間違えると必要以上の筋肉が身に付いてしまう可能性もあります。ダイエットや体の引き締めのみを目的にしている人は圧力のかけ方を間違えないように注意しましょう。自宅でトレーニングを行う際には筋肉の状態に常に気を配るようにして、調整していきましょう。

適切な圧力を知るにはジムで専門のトレーナーに指導してもらうことが安全です。しかし、トレーナーの指導によって効果に差が出てくる点にも注意しなければなりません。

目的によって圧力のかけ方は調節しなければなりませんが、トレーナーであっても経験が浅い場合は適切に圧力の選択を行なえない場合もあります。初心者は加圧トレーニングの特殊性をしっかり理解しているトレーナーに指導を行なってもらうようにしましょう。

トレーニングの目的に合わせた負荷のかけ方と、適切な回数の設定でトレーニングが必要となります。間違えれば望んだ結果に繋がらなくなるため、気を付けておくことが重要です。

また、血流を制限するという特殊なトレーニングであるため、血液量が少なかったり、体に不調がある人は貧血を起こす可能性も高いので注意しましょう。女性で月経時の出血が多い場合はトレーニングを行なう日を調節するようにしておきましょう。

まとめ

肉体に多くのメリットをもたらしてくれる加圧トレーニングは、その特殊性から圧力の調整に気を付けておかなければなりません。目的に合わせた調節が必要なので、導入の際には指導資格者に指導してもらい、適切なトレーニングを行なっていきましょう。また、血液を制限するため血液量が少ない状態でトレーニングを行なうと貧血を引き起こすこともあるので細心の注意が必要です。

デメリット部分もありますが、圧力や血液量に注意しておけば大きな効果をもたらしてくれるトレーニング方法には間違いありません。ボディビルダーが活用しているトレーニング法のため効果の信頼性も高く、普段の筋トレに導入する価値は高いと言えるでしょう。