効率よくダイエットしたい方へ!千葉でおすすめの加圧トレーニングスタジオとお役立ちコラムを配信!
  • > 
  • 筋肉にかかる圧力はどのぐらい?加圧トレーニングのメカニズム

筋肉にかかる圧力はどのぐらい?加圧トレーニングのメカニズム

様々な効果があると注目される加圧トレーニングは、専用のベルトを腕や脚に巻き付け、圧力をかけながら行なうトレーニング法です。血液の流れを制限することで、体へ変化をもたらすことができるとアスリートも取り入れている画期的なトレーニングなのです。

しかし、一般人が行なっても効果はあるのでしょうか?また、圧力をかけて体への影響は出ないのか、心配の声も多いのが現状です。そこで今回は加圧トレーニングの効果と筋肉にかかる圧力や影響についてご紹介していきます。

重要なのは成長ホルモン?

加圧トレーニングはセンサーを内蔵した専用のベルトを腕や脚に巻き付けて締め付けることで圧力をかけていきます。血管を圧迫することで血流を制限して、その状態でトレーニングを行なっていきます。

この状態にどのようなメリットがあるのかというと、成長ホルモンの分泌を促す効果があるのです。成長ホルモンは体内に必要なエネルギーを生み出す役割があり、正常に分泌されなければ体の様々な機能に支障が出てきます。

体内の器官を正常にコントロールするためにも、成長ホルモンは必要不可欠ですが、不規則な現代人には不足してしまっている傾向にあります。
通常の筋トレであっても効率的に成長ホルモンを増やすことは難しいのが現状です。そこで加圧トレーニングでは筋肉が身に付いていくメカニズムを取り入れることで、成長ホルモンの分泌を促していくことができているのです。

筋肉は疲れが発生した際に脳が生命維持のため筋肉を強化しようと働きかけて鍛えられていきます。この働きかけの際に分泌されるのが成長ホルモンであるため、筋肉をトレーニングで上手く疲れさせることが重要になってきます。

疲れとは乳酸が溜まることであり、加圧トレーニングで負荷をかけることで効率的にこの乳酸を発生させやすくします。乳酸が多ければ多いほど成長ホルモンの分泌も促進され、これにより筋肉が強化されていくという仕組みになっているのです。

筋肉にかかる圧力とは

加圧トレーニングに対して誤解をしている方も多いと思います。腕や脚を締め付けるため血液の流れを止めた状態でトレーニングを行なうきついトレーニングだと行なっている人も中にはいます。しかし、圧力をかけるだけで決して血液の流れを止めてトレーニングをするものではありません。

ただきつく締め付けるのではなく、目的や個人の体の状態に合わせて圧力を調整しながらトレーニングを行なっていきます。血液の流れを制限しますが、手足が痺れている状態でトレーニングは行ないません。血液の流れを一時的に制限して、血管の収縮と拡張を促すことも目的としています。

強く締め付けすぎても体に良くありませんが、緩い締め付けでは加圧トレーニングの本来の効果が発揮されません。適切な圧力をかけてトレーニングすることで筋肉に程よく乳酸を溜めていくことができます。

適切な圧力であるため、女性や体の弱い人でも始められるのが加圧トレーニングの魅力の一つでもあります。初めは軽い締め付けから行ない、徐々に慣れていくと圧迫を強めていきます。圧迫を強めてもトレーニングがきつくなるわけではなく、通常のトレーニングの負荷を軽減できることが可能となっているのが特徴です。

軽いダンベルしか持てない人でも腕に圧力をかけることで、重たいダンベルを持ってトレーニングを行なっている状態にすることができます。そのため、筋肉強化だけでなくリハビリにも使用され、多くの人が取り入れているトレーニングになっているのです。

加圧トレーニングによる大きな効果

専用のベルトを巻き付けて血流を制限することで多くの効果が得られます。まず血管の収縮と拡張を促し、筋肉のみならず血管の運動も行なうことができます。

血管も年齢と共に老化していきますが、筋肉のように容易に鍛えることができません。そのため加圧トレーニングで血流の制限を行なうことで、脳が血液が足りないと送り出そうと働きかけます。これにより意図的に血液の運動を誘発することができ、血行を促進させることが可能となるのです。

血行が良くなると、体全体に血液が巡るため栄養素や酸素を各器官に送り届けることができます。栄養素や酸素が十分に満たされることで体の調子も整えられていくのです。

また、血液の制限で脳から筋肉を強化しようと成長ホルモンの分泌が促されます。筋肉を強化する作用だけでなく、物質をエネルギーに変換することも成長ホルモンの役割になります。

体の回復や血液の循環もエネルギーがなければ上手く働きません。そのエネルギーを作り出すためにも、筋肉へ圧力をかけることはとても重要な意味を持ちます。

体の内側から効果を発揮し、太りにくい体質へと変えていけることも大きな効果の一つです。体質を改善していくため、リバウンド防止にも大いに役立ってくれます。

体への影響は大丈夫なのか?

多くの効果がありますが、乳酸が多く溜まるほどの圧力を筋肉にかけて体への悪影響はないのでしょうか?乳酸が溜まると細胞が傷付けられてしまうため、それを促す加圧トレーニングは体に良くないイメージを持つ人も少なくありません。

しかし、知っている人も多いと思いますが、加圧トレーニングだけでなく運動を行なえば必ず乳酸は溜まってしまいます。乳酸自体は成長ホルモンの分泌を促す役割があるため、体に必要なエネルギーを蓄えるにはとても重要となります。そのため必ずしも悪いものが分泌されているわけではないのですが、何が問題かというと溜まり過ぎると回復が間に合わないという点です。

筋肉は乳酸が溜まり疲れを感じた時に脳から成長ホルモンが分泌され、筋肉をより強化しようと命令が下りて生成されていきます。乳酸による筋肉への攻撃も、強靭な筋肉生成には必要不可欠となるのです。しかし、トレーニングは結果が出るまで長期間継続することになることがほとんどで、運動を行ないすぎると乳酸の細胞破壊に補修が追い付かなくなってしまいます。これにより筋肉が逆に破壊され、体調も崩れていき、トレーニングの成果として不十分となってしまいます。

そのため、短時間でトレーニングできる加圧式でも、トレーニングを行なった後はしっかり休息を行なうことが重要となってきます。乳酸が溜まって筋肉を傷付けた分、補修にも時間をかけていかなければ適切に筋肉を生成することはできません。トレーニングを行なうだけでなく、休息と栄養素を十分取っておくことで体の調子を整えながら筋力アップを行なうことができます。

まとめ

圧力をかけるという言葉だけで、きついトレーニングのイメージが先行している加圧トレーニング。しかし、リハビリにも使用されており、女性や体力に自信のない人でも始めていくことができる画期的なトレーニングとなっています。

筋力アップだけでなく、美容や若返り効果も期待できるためダイエット目的でも始めてみるのも良いでしょう。しかし、やり過ぎると体への負担が大きくなるので、トレーニングを行なった後は十分な休息と栄養補給が必要不可欠となります。トレーニングと休息をバランス良く行なうことで健康に筋力アップや体の引き締めを行なうことができるようになると覚えておきましょう。