効率よくダイエットしたい方へ!千葉でおすすめの加圧トレーニングスタジオとお役立ちコラムを配信!
  • > 
  • 食事制限はあるのか?加圧トレーニングと食事の関係性

食事制限はあるのか?加圧トレーニングと食事の関係性

人の体に食事は必要不可欠な存在です。運動が健康に良いといっても、食事を怠っては体に支障をきたします。

十分な栄養補給を行なうためにはトレーニング中はどのような食事を行なうことが望ましいのでしょうか?また、加圧トレーニングでは食の面で制限が設けられているのか気になっている人も多いと思います。運動と食の関係から食がもたらす効果、加圧トレーニングの際の食事を行なうタイミングなど把握していきましょう。

運動と食事の関係とは?

体を動かすことは健康のためにも重要なものであり、近年では様々なトレーニング方法が登場しています。中でも加圧トレーニングは少ない負荷でトレーニングを行なっていくことができることからリハビリにも応用されるトレーニング法です。

誰でも簡単に始められると多くの人が利用を考えていますが、考えなければいけないのはトレーニングだけではありません。運動は筋力やエネルギーを生成するためには重要ですが、運動のみを行なっていても人の体は健康を保てません。体を動かすことでエネルギーを作り出すことができますが、同時に体を動かすにはそのエネルギーを消費しなければなりません。

何も食べないまま運動を行なうとエネルギーや栄養素が枯渇し、低血糖症など引き起こす原因になります。人は呼吸や内臓を動かすことだけでも体内にあるエネルギーの大半を消費しています。そのため、トレーニングという特殊な運動を行なう前にエネルギー源となる食べ物を摂取しておかなければ、すぐにエネルギー切れを引き起こします。

運動の後はお腹が空く現象は食べ物をエネルギーとして消費しているからであり、体調が悪くなるのはこのエネルギーが上手く生成できていないことでもあります。人が活動するためにはエネルギー源となる食は切っても切り離せない存在であるため、どのようなトレーニングでもしっかり考えておかなければなりません。

加圧トレーニング時の食事のタイミング

食べることすべてが太ることに繋がるという誤認識から、食べる行為を抑えトレーニングに励む人も少なくありません。ダイエットや体型を引き締める目的でトレーニングを始める人に多い傾向がありますが、空腹状態でトレーニングを行なう行為はとても危険なことなのです。

特に少ない負荷と短時間でできることから加圧トレーニングは、認識が甘くなることもあります。しかし、負荷と時間が少ないことはエネルギー消費が少ないこととは結び付きません。

専用のベルトで締め付けて血流の流れを制限することで短いトレーニングでも運動量を増やすことに成功したのが加圧トレーニングです。ボディビルダーが考案した筋力アップの方法であり、確かな効果がある分エネルギー消費や疲労の蓄積も多くなります。

そのため、トレーニングを開始する前と後には食べ物で栄養補給を怠らないのが重要です。トレーニングを始める前は、その1時間から2時間前に食事を済ませておきましょう。あまりにも直前に食事を行なうと、胃腸が荒れてしまうので間隔を空けるようにしておくと良いです。

トレーニング後も同様に1時間から2時間の間隔を空けてから食べるようにすると内臓に負担がかかりません。また、トレーニング後は栄養素を吸収しやすい状態であるため、すぐに食べてしまうと余分なエネルギーを摂取して太ってしまうこともあるので注意しましょう。

食事によって効果は異なるのか?

トレーニング前と後では必要とする栄養素が異なるため、摂取する食べ物も考えることが望ましいです。体への効果ももちろん、トレーニング中のことも考えて食べ物の選択を行なっていくことになります。

トレーニング前はこれから運動で消費するエネルギーを蓄えておかなければならないので、たんぱく質が多い食べ物が良いです。しかし、運動を行なうため胃腸に負担がかかる可能性が高く、大量に食べてしまうとトレーニング後に体調を崩すことがあります。トレーニング前には軽い食事で済ませられ、尚且つ胃腸に負担のない消化の良いバナナを摂取すると良いでしょう。

また、糖質や脂質の多い物を過剰に摂取すると、余分なエネルギーが体内に吸収されてしまいます。そのため太りやすくなってしまうため、トレーニングの成果が出なくなります。トレーニング前の食事は消費するエネルギー分を蓄える役割と覚えて、必要以上を摂取しないように努めましょう。

トレーニング後も始める前と同様にエネルギーが必要となっています。運動で消費したエネルギーを補うためにたんぱく質が含まれている食べ物が重要となります。トレーニング前と異なり、運動を行わないため胃腸の負担がなく、しっかりした食事を行なっても問題ありません。十分に消費したエネルギーを補うことが求められるので、魚や肉、乳製品を十分に摂取していきましょう。

食事の栄養にも気を配ろう

エネルギーを多く消費するトレーニングではたんぱく質が必要不可欠ですが、摂取しすぎると太る原因になってしまします。しかし、トレーニング後は栄養素が吸収しやすい状態です。これを活用し、効果的な栄養素を摂取していくことが美容や健康にもつながっていきます。

トレーニング直後にがっつりとした食事を行なうのは疲労を感じている体にはとても酷なことです。余分なエネルギーまで体内に吸収してしまうのでオススメできませんが、プロテインのような飲み物であれば飲みやすく量も最適です。たんぱく質も豊富に入っているのでエネルギーを補うことに向いている飲み物となります。

また、トレーニング後に摂取しておきたい栄養素はたんぱく質以外にも複数あります。体内で生み出せない必須アミノ酸もまた筋肉を生成する上で重要な栄養素となるのでチェックしましょう。

たんぱく質はアミノ酸が集合したものですが、体内で生み出せない良質なアミノ酸を必須アミノ酸と呼びます。肉の中でも鶏肉、卵や牛乳、大豆製品が必須アミノ酸の数値が高く、加圧トレーニング後にオススメの食べ物となっています。

また、ビタミンやミネラルなども積極的に摂取していきたい栄養素です。体の調子を整えるためには重要な栄養素であり、体内で作れないものも多いため、外から摂取する必要があります。果物や魚類から摂取できるので食事に取り入れていきましょう。

炭水化物や脂質も制限してしまう傾向にありますが、摂取し過ぎなければエネルギー補給の役割を担ってくれます。目的や体に合う食べ物でエネルギー補給を行ないましょう。

まとめ

人の体には食でエネルギーを得ているため、エネルギーを消費するトレーニングでは前後の食事が重要となってきます。特にたんぱく質が重要で、トレーニング前も後も1時間から2時間の間隔を空けて摂取するようにしましょう。

トレーニング中のことも考えて直前には消化の良い食べ物を選びましょう。胃腸を悪くすると継続したトレーニングを行なうことが困難になるため、慎重な食べ物の選択が求められます。

また、胃腸のことやダイエットのこと考えて、空腹のままトレーニングすることは控えましょう。十分なエネルギーがないと、低血糖などの症状を引き起こす原因にもなります。正しい方法でトレーニングを行なっていきましょう。