効率よくダイエットしたい方へ!千葉でおすすめの加圧トレーニングスタジオとお役立ちコラムを配信!
  • > 
  • 加圧トレーニングで頭痛が起こる事例とは?

加圧トレーニングで頭痛が起こる事例とは?

筋肉を大きくしたい男性だけでなく、美容やしなやかなボディラインを目指す女性にも、加圧トレーニングは人気です。初めて加圧トレーニングに挑戦しようと、無料体験などを利用したり口コミを参考にする人も多いでしょう。

そこでトレーニング中やトレーニング後に頭痛が起こる場合があることを知り、びっくりする人もいます。頻度としては稀ですが、一過性の頭痛や数日に渡って症状が続く場合もあるようです。

トレーニング後に頭痛が起こる原因や症状の特徴を紹介します。頭痛が起こりやすい人は、事前に対策をしてからトレーニングに臨むと良いでしょう。

トレーニング後に頭痛が起こる原因とは?

ジョギングや筋トレなどの運動をした後に、頭痛が起きた経験のある人は意外と多いでしょう。ちょっとした軽い頭痛の場合もあれば、ズキズキとした痛みで横にならなければならない場合もありますが、トレーニング後に頭痛が起こる原因にはどんなものが考えられるでしょうか。

偏頭痛もちで普段からよく頭痛を感じる人も、トレーニング後に頭痛が起きると心配になってしまいます。トレーニング後に頭痛が起こる原因はいくつかありますが、ジョギングや筋トレの後に起こる頭痛で最も多いのは、水分不足や酸欠です。

トレーニングで汗をかくと体内の水分量が減ります。血液中の水分も減り、血液の流れが悪くなるため脳に血液がうまく循環しなくなります。その結果、血流をよくしようと血管が拡張され、血管の周りの神経を圧迫することで頭痛を感じます。

筋トレなどで力を入れた際に息を止めてふんばると、酸欠になり脳への酸素供給量が減り、同じように頭痛を感じることがあります。他にもトレーニングをきっかけに頭痛が起こる原因として、血圧の上昇や血管の拡張などがあります。

加圧トレーニングでは、通常の筋トレほどには重いおもりを使わないため、酸欠になるリスクは低いでしょう。また負荷の軽い運動で高い運動効果を得られるのが、加圧トレーニングの特徴で大量の汗をかくこともないため、トレーニング前に適度に水分を摂っておけば水分不足になる心配もありません。

しかし血圧上昇や血管拡張は、加圧トレーニングの際にも起こり得るため注意が必要です。特に加圧トレーニングは腕や足を加圧ベルトで加圧した状態で無酸素運動を行うことで、血圧が上がりやすいと言えます。人により適正な圧力値は異なりますが、低負荷でのトレーニングの方が血圧上場は避けられるでしょう。

またトレーニング時に息を止めてしまうことでも、血圧が上がります。加圧トレーニング初心者など、加圧した状態での運動に不慣れな場合、正しいフォームで動作を行うことに集中するあまり、無意識に息を止めてしまう人もいるので、意識して規則的な呼吸をするようにします。

血管拡張型頭痛の特徴は?

頭痛には2種類のタイプがあります。それぞれの痛みの種類と対策を知ることで、万一頭痛が起きた場合でも症状を和らげることができます。頭痛は、対処せずに放置するとだんだんひどくなる場合が多いため、頭痛を感じたら早い段階で何らかの処置を行うことが大切です。

むやみに鎮痛剤を飲むことを避けたいという場合は、自宅でできることや自分でできる対策もいくつかあるので、試してみて様子を見るのも良いでしょう。

まず、いわゆる片頭痛とも言われる血管拡張型頭痛の特徴的な痛みはズキンズキンとした痛み方です。また体を動かすことで痛みがひどくなるのも特徴のひとつです。痛み以外の症状としては、何度も生あくびが出て吐き気がするなどが挙げられます。

さらには匂いや光に過敏になり、文字などがギザギザと光るようにぼやけて見づらくなるといった症状もあります。このような頭痛を感じた場合は、血管拡張型と考えられるので、できれば横になって体を休めるなど安静にして過ごします。蛍光灯の明かりや騒音でも痛みが増幅するので、できるだけ暗くて静かな場所で横になりましょう。

血管拡張型頭痛の場合、冷たいタオルなどで冷やすのは有効ですが、お風呂やマッサージなどはより血管を拡張させ、痛みが増す原因になるので逆効果です。首筋や痛む場所に冷たいタオルを当てることで、血管の収縮効果があります。

またこのタイプにはカフェインが有効なので、自分でできる対処としてコーヒーや緑茶を飲むことで症状が軽くなる場合もあるようです。

血管収縮型頭痛の特徴は?

血管拡張型頭痛とは反対に、血管が収縮することで痛みを感じる血管収縮型頭痛もあります。一般に片頭痛とも言われる血管拡張型とは違い、眼精疲労やひどい肩こりが原因で、筋肉や血管が緊張状態で縮まることで起こります。

痛みの種類としては頭から首筋にかけて重くだるいような痛みが起きます。緊張型頭痛とも呼ばれるこのタイプの頭痛は、首や肩の筋肉の緊張を和らげ、こりをほぐすことが大切です。

冷やすのは禁物ですので蒸しタオルや半身浴などで体を温め、血行をよくします。血行促進に効果のあるストレッチをいくつか紹介しますので、痛みを感じたら無理のない範囲で行ってみましょう。

まずは肩の緊張をほぐすストレッチとして、両肩を上げてから力を入れずストンと自然に落とす動作を10から20回行います。手のひらを頭に乗せて、首を左右にゆっくり倒すのも、首から肩のこりや緊張がほぐれていくのが感じられて気持ち良いでしょう。

ストレッチの他、ストレスの原因がわかる場合には、その作業をやめたりその場から離れたりして早めに気分転換をすることも大切です。また意外な原因として、枕の高さが合っていない場合があるので、適度な硬さがあり自分の寝姿勢や体形に合った高さの枕選びをしましょう。

脳梗塞の場合もある?

加圧トレーニングでは、両腕と両足の付け根を加圧してトレーニングを行いますが、腕に比べて足の血流量は多いので、足のトレーニングを行った場合に頭痛が起こることが多いようです。

また体調により、いつもと同じ負荷やトレーニングでも頭痛が起こる場合もあります。頭痛はすぐに治まる場合もあれば、人によっては数日続く場合もあるようです。なかなか治まらないと、ただの頭痛ではなく脳梗塞を疑い心配になってしまいます。

脳梗塞とは血栓など何らかの原因で血管が詰まり、血流が止まってしまう状態です。加圧トレーニングの場合は、加圧後に除圧をすることで基本的には血行が良くなるため、加圧トレーニングが脳梗塞の直接的な原因になる可能性は低いと言えます。

加圧トレーニング後の頭痛は血行が良くなったことにより血管が拡張し、周りの神経を圧迫することで痛みが起こる血管拡張型頭痛と考えられます。先に紹介した対処法などを試してみることをお勧めしますが、生活に支障を来すほどに痛みが強い場合や、もともと血栓ができやすいなど脳梗塞を疑うべき事由がある場合には、早めに医療機関を受診しましょう。

まとめ

加圧トレーニングは一般的な運動と違い、血流の制限下でトレーニングを行います。筋トレよりも軽い負荷での運動ですが、加圧トレーニングをきっかけに頭痛が起こると、ただの頭痛ではなく重大な病気が潜んでいるのではないかと心配になります。

頭痛には大きく2種類あり、痛み方や症状の特徴などからどのタイプかをある程度見極めることが可能です。痛みや不快症状を悪化させないためにも、頭痛の起こるメカニズムや対策を知り、加圧トレーニングをうまく取り入れてみましょう。