効率よくダイエットしたい方へ!千葉でおすすめの加圧トレーニングスタジオとお役立ちコラムを配信!
  • > 
  • 痛くない?怖くない?正しく知って初めての加圧トレーニングダイエット!

痛くない?怖くない?正しく知って初めての加圧トレーニングダイエット!

加圧トレーニングは、今やダイエットや美容効果の高いトレーニングとして、多くの人に取り入れられています。開発されて間もない頃は、その斬新なトレーニング方法や「加圧」というワードから痛みや怖さが独り歩きしていた時期もありますが、現在では多くの人が低負荷で高い運動効果を得られることを理解しています。体にベルトを巻いて血流を制限するという、一般的なトレーニングとは違うトレーニング方法ですが、正しく行えば比較的楽に高い運動効果や美容効果を得られます。

加圧トレーニングってどうやるの?

そもそも加圧トレーニングとはどのようなトレーニングなのでしょうか。駅前や街中で見かけるスタジオの様子では、腕や足にベルトを巻いてトレーニングをするイメージが想像できますが、それ以上のことはわからないという人も多いでしょう。

加圧トレーニングは腕や足に専用の加圧ベルトを巻き、圧力をかけることで血流を適正に制限した中でトレーニングを行います。「適正に」という点が重要で、かける圧が強くても弱くても効果は無く、個人や体調によって適正な圧は異なります。

加圧トレーニングはいわゆる筋トレのようなきつい運動をしなくても、一回30分程度のトレーニングで筋トレ2時間程のトレーニング効果を得ることができると言われています。

最大筋力の20から30%程度という極めて低負荷しかも短時間で、最大筋力の80%もしくはそれ以上の運動効果を得られる点が、加圧トレーニングの最大の特徴です。低負荷でのトレーニングが可能なので、もともと運動習慣がなく体力に自信の無い人やトレーニングが初めての人でも始めやすく、抵抗なく続けられるのがメリットです。

加圧トレーニングで使う加圧ベルトは、腕と足の付け根に巻いて圧力をかけていきますが、適正に血流を制限することで普段は血液の流れていない所や、毛細血管にも血液が流れるようになります。そうすることで、負荷の高い運動をしたのと同じ効果が得られると考えられます。さらに筋肉に負荷をかけることで成長ホルモンの大量分泌を促し基礎代謝アップ、ダイエット効果の他様々な美容効果をもたらします。

血流を止めてしまうわけではない!

加圧トレーニングが初めての人の中には、加圧というイメージとスタジオなどの外観などから血流を一時的にでも止めた中で、トレーニングを行うと考えている人もいるようです。

加圧トレーニングは、適正な圧力をかけることで血流を制限します。制限なので完全に止めてしまうわけではなく、普段よりも血流の悪い環境を意図的に作り出すことで、高負荷の運動を行ったのと同じ効果を求めます。

腕や足にベルトを巻いているイメージと「加圧」というワードから湧く間違ったイメージですが、正しい知識を持ったトレーナーの指導下で行えば、女性でも運動経験の少ない人でも、また加齢によって筋力の弱くなっている人にもおすすめのトレーニング方法です。

しかし本来、開発された目的はボディビルダーの効率的な筋肥大のためでしたので、使い方やトレーニング方法を誤ると危険な場合があることも念頭に置いた上で初めることが大切です。

加圧と成長ホルモンの関係

加圧トレーニングでは成長ホルモンが大量に分泌されることで、様々な効果が得られます。成長ホルモンは筋肉の増強や代謝コントロールの点で大きな役割を担います。

加圧トレーニングをダイエットに取り入れる目的は、筋肉の増強と基礎代謝をあげて痩せやすい体作りをすることにあります。基礎代謝は、何もしていなくても体が消費するエネルギーのことで、この基礎代謝が高いほど、同じ運動メニューをこなし同じ食事をしても痩せやすい体ということになります。

成長ホルモンは体内で作られる成分で、生涯に渡って分泌されますが、10代後半をピークに減少し始め40代では半分になってしまいます。この成長ホルモンを効率よく大量に分泌させられるのが、加圧トレーニングをするメリットのひとつです。

成長ホルモンの効能は、骨や筋肉を作ることや脂肪の代謝コントロール、アンチエイジングなどで、成長ホルモンの分泌が減ると筋肉も衰え脂肪がつきやすくなります。

加圧トレーニングではホルモン分泌量を、通常時の100から300倍に高めることができ、ダイエット以外にもアンチエイジングや美肌効果を求めてトレーニングを行う人もいます。

加圧トレーニングで成長ホルモンが分泌されるメカニズムは、血流を制限することで筋肉への酸素供給量が減ることにポイントがあります。筋肉が低酸素状態になることで、運動している部位には大量の疲労物質である乳酸が溜まります。

乳酸は通常の筋トレなどの運動でも溜まりますが、加圧による血流制限下に無い状態では、血流によって回収され次第に分解されます。一方加圧トレーニングでは、血流が制限されていることで回収されることなく大量の乳酸が溜まるため、筋肉が高い負荷での運動により傷つき悲鳴を上げている状態であると脳が認識し、多量の成長ホルモン分泌がされます。

見よう見まねは危険!

加圧トレーニングは、一見腕と足をベルトで巻いた状態で、運動をするだけのようにも見えますが、やり方を間違うと危険な場合や健康状態によってはトレーニングを行わない方が良い場合もあるので、注意が必要です。

短時間、短期間で高い効果を得られることが人気の理由でもありますが、実際に注意すべき点として血栓ができるリスクが挙げられます。エコノミークラス症候群としても知られている静脈血栓症を避けるためにはトレーニングの前後には水分を多く摂り、少しでも体調が悪い場合にはトレーニングを行わないようにすることが重要です。

また加圧する時間や適性な圧の強さは人により異なります。圧力が強いほど効果が高いというわけではありません。体調や既往症など、それぞれに合った圧力設定が必要です。とくに糖尿病や糖脂質症の人は、血管がもろくなっていて、傷つきやすく詰まりやすくなっています。

初めての加圧トレーニングを独断で行うことはとても危険を伴います。近くにトレーニングができるスタジオやジムが無く、自宅でトレーニングを続けていきたい場合でも、初めは知識のある有資格者のトレーナーの下で、自分にあったトレーニング方法や圧力設定を決めてもらい、基本的なトレーニング知識をつけてから始めるべきです。

加圧トレーニングは正しく行えば、リハビリなどにも活用され効果をもたらす画期的なトレーニング方法です。自己流で始めるのではなく、正しい知識を持って始めるようにしましょう。

ダイエット以外にもうれしい効果が!

加圧トレーニングは筋肉をつけることで代謝を上げ、低負荷で高い運動効果を得られため、ダイエットに取り入れる人がたくさんいますが、ダイエット以外にも様々な効果が期待できます。

代表的なものにアンチエイジング効果があります。加圧トレーニングを行うと成長ホルモンが大量に分泌されることは、先に紹介しました。成長ホルモンは加齢とともに分泌量が減るため、トレーニングで成長ホルモンの分泌を促すことで新陳代謝がよくなり、美肌を保つことができます。同じく成長ホルモンの効果で、育毛効果もあります。体の組織細胞を成長させる働きがあるため、抜け毛が徐々に減り薄毛も改善されていきます。

さらに加圧トレーニングで加圧、除圧を繰り返すことで、血管の弾性があがり血管壁が強くなります。そのため高血圧の改善や動脈硬化の予防も期待できます。

まとめ

加圧トレーニングは、その画期的で斬新なトレーニング方法から、何となく痛みを伴うイメージを持っている人もいるようです。加圧トレーニングが一般的なトレーニング法として浸透して久しいですが、それでもまだ加圧トレーニングを初めて体験する人の中には間違ったイメージや知識を持っている人も少なからずいます。

加圧トレーニングは正しい知識を持って行えば、とても効率のよいトレーニングです。運動経験がなく、これからきつい筋トレやジョギングを始めるのは億劫だと思っている人にもおすすめです。

ぜひダイエットや理想の体作りのための選択肢として加圧トレーニングを取り入れてみて下さい。