効率よくダイエットしたい方へ!千葉でおすすめの加圧トレーニングスタジオとお役立ちコラムを配信!
  • > 
  • 加圧ベルトをうまく使って加圧トレーニングの効率アップ!

加圧ベルトをうまく使って加圧トレーニングの効率アップ!

スポーツジムや加圧専門スタジオなどである程度の知識を得て加圧トレーニングを続けると自宅でも大きな危険なくトレーニングを行うことができます。
しかしジムにいけば指導とともについてくる加圧ベルトも自宅で同じものを使うとなると高額であったりそもそも販売していなかったりします。
自宅でもジムで行うのと同じ効果を得るためにはどのような基準で市販のベルトを選べばいいのか考えてみましょう。

 

加圧トレーニングとベルト

加圧トレーニングは加圧用のベルトを使って腕や太ももの血流を制限し、体内を低酸素状態にすることで筋肉が疲れていると脳に錯覚を起こさせ疲労物質である乳酸を分泌させます。乳酸が出ると脳はその疲労を押し流すべく今度は成長ホルモンを分泌します。
この成長ホルモンが筋力アップに直結するカギになるのです。

一般的な運動で速筋を鍛えるための成長ホルモンを分泌させようとすると短距離走やジムによるウェイトトレーニングマシンなど時間と体力を要する無酸素運動が必要になってきますが、加圧トレーニングは時短で効率よく成長ホルモンを分泌することが可能なトレーニングです。
このトレーニングでは腕や太ももにかける負荷が重要になってくるのでどの程度血流を制限するかはすべて加圧ベルトの巻き方次第になります。

 

効果が上がる使い方

効果が上がる使い方を知るには、何よりもプロに聞くことが一番です。加圧ベルトは静脈の血流だけを制限して巻く必要があります。

慣れると自分で巻くことも問題ありませんが、最初はしっかりとジムやスタジオの専門インストラクターに指導をしてもらい、自分に合ったベルトがどのようなものなのか見極めて教えてもらうことをおススメします。

肌に直接まくことはかぶれの原因にもなるので控えましょう。また、汗をかくことが前提にあるので洗って乾かすことができるものを選ぶのも自宅でトレーニングをされる方にとっては選択肢の一つです。

 

加圧ベルトの種類

専門のインストラクターに指導してもらったうえでベルトを購入するのであれば、自分に合ったものをきちんと見極める必要がありますが、市販されているベルトも本当に様々で悩みます。

負荷を自由に変えられるマジックテープ式のものは、マジックテープの幅が広いほうが初心者も一人で着用しやすいとも言えます。
チューブタイプで中に空気を入れて負荷を調整するものもあります。素材も、一般的な筋トレ推奨、多少の水濡れは大丈夫、プール内使用可能なものまで幅広くあります。
値段も安いものから高価なものまでありますので、自分にとって続けやすいものを用途に合わせて購入することをおススメします。

 

まとめ

加圧トレーニングは、ベルトを巻いて血流を制限しながら運動をするという特性から全くの初心者が知識も持たずに始めるには危険を伴うことがあります。
ベルトをでたらめに巻いて必要以上に血流を制限して運動をすれば、貧血や頭痛などを引き起こす例もあります。

ベルトを巻いて運動をするだけ、という手軽さはありますが、きちんとした知識を持ってこその手軽さです。理想の体作りを危険なく楽しく続けていくためにも最初は専門のインストラクターに指導してもらい、慣れてきたうえで自宅トレーニングの相談を行い、ベルトを選び、インストラクターの指導と並行して自宅でもやってみるという一見面倒なプロセスを踏むことが危険なく且つ効果の上がりやすい方法かと思いますので、そのあたりもぜひ参考にしてみてください。