効率よくダイエットしたい方へ!千葉でおすすめの加圧トレーニングスタジオとお役立ちコラムを配信!
  • > 
  • 加圧トレーニングを自宅で!メリットとデメリット

加圧トレーニングを自宅で!メリットとデメリット

加圧トレーニングの良さは様々ですが、時短は大きな魅力の一つですよね。
色々なトレーニングを試して、ようやく加圧にたどり着き、「こんなに短い時間でできるなんて!」と思っていてもずっと続けていれば今度は、「これは家でもできるのでは」または「家でもできればさらに筋力アップになるかも」と思うようになっている方もおられるのではないでしょうか。自宅で加圧トレーニングを行う際の注意点を考えていきましょう。

 

自宅で加圧トレーニングするメリット

ジムやスタジオに通ってみっちり加圧を30分!加圧はこれを継続するだけでも効果の出るトレーニングなので、通常のジムでのプールやマシン運動などに要する時間を考えればその差は歴然です。
しかしそれでもジムやスタジオが遠い場合や、着替えなど身支度に時間がかかることなどを考えると自宅で好きな時間に同じトレーニングができるほうが更なる時短になります。
また、加圧に限らずジムやスタジオで行うトレーニングはお金がかかります。今通っているメニューを半分にして、あとの半分は自宅で、ということにすれば節約になるというメリットがあります。

 

自宅でやるにはどうすればよい?

加圧トレーニングは仕組みを知ることと、専門のインストラクターの指導を受けることが効果を上げるためにとても重要です。
一度もやったことのない方が突然自己流でトレーニングを始めるのはおススメしません。

ある程度ジムやスタジオに通ったうえで自宅でやるのにはどうすればいいのか、信頼できるインストラクターに聞いてみてください。そのジムやスタジオで販売しているベルトがいいのか、市販のものがいいのか、自宅ではどのくらいの頻度でやればいいのかなど、情報をきちんと収集してから始めることです。そういった意味では、インストラクターを信頼できるかどうか、自分に正しい知識があるかどうかなど、自宅で加圧を行う前の準備の方が大切だと言えます。

 

自宅で加圧トレーニングをやると危険はないの?

加圧トレーニングは、専用の加圧ベルトを腕や脚に巻き、巻いた力加減によって血流を制限して運動をし、本来ならもっと長く時間をかけて鍛えないと鍛えられない筋肉が時短で鍛えられるというものです。

全体の流れを通してみて、これから加圧を始めようという方にとっても手軽で簡単というイメージがあると思いますが、「加圧ベルトを巻く」ことには専門性が必要です。
一歩巻き方を間違えてしまうと、負荷がかかりすぎることによって貧血を引き起こしたりそれによる頭痛が起こったりすることもあります。

なにより、素人判断で血流制限をして運動をすることで何か起こったとき、そばに正しい判断をできる人がいないことが不安要因です。また、思ったように効果が上がらなかったり、逆に思っていた以上に筋肉がついてしまい、バランスが悪くなったりするかもしれないという危険もあります。知識があるのとないのとでは大きく差が出てしまいがちなことも加圧トレーニングの特徴と言えます。

 

まとめ

加圧トレーニングがボディビルダーを目指す方のためでなく、一般の方々の筋トレとして認知されてきてからというもの、市販の加圧ベルトの種類もどんどん増え、ネットでトレーニング方法を動画で見られることもあってか、最初から自己流で始めようという方も増えてきている印象です。
その裏側で、負荷をかけすぎて貧血状態になったり、しなやかな体を目指していた女性が筋肉をつけすぎてしまったりと言ったトラブルも報告されているのが現状です。

まずは正しい知識を持って、専門インストラクターの指導の下自分に合っているトレーニング法なのかを判断する時間を十分にとってから、自宅でのトレーニングについて考えてみましょう。やり方さえ間違わなければいいこと尽くしのトレーニングです。
危険なく、楽しく自宅でもトレーニングができるといいですよね。