効率よくダイエットしたい方へ!千葉でおすすめの加圧トレーニングスタジオとお役立ちコラムを配信!
  • > 
  • 高血圧の人も加圧トレーニングをして大丈夫?その効果は?

高血圧の人も加圧トレーニングをして大丈夫?その効果は?

加圧トレーニングは、運動習慣がなくジョギングや辛い筋トレをしたくない人や、怪我などで筋肉が弱くなっている人にもおすすめのトレーニング方法です。一般的なトレーニングと違い、成長ホルモンを大量に分泌させることで筋肉アップや代謝アップ効果を求めます。

特殊なトレーニング内容のため、他の運動やトレーニングと比べると健康状態や既往症などにも、より注意が必要です。血圧の高い人は、一般的に心臓や血管に負荷のかかる強度な運動は避けるべきとされていますが、加圧トレーニングの場合がどうでしょうか。

加圧トレーニングの仕組みは?

加圧トレーニングは筋肥大を目指す人だけでなく、適度に筋肉をつけ代謝アップさせてきれいに痩せたい女性にも人気のトレーニング方法です。一般的なトレーニングや筋トレとは違い、腕や足に専用の加圧ベルトを巻いた状態で、ごく軽い負荷の運動を行います。

ベルトを巻いて加圧することで、その部分の血流が制限されます。血流制限下でトレーニングをすることで、乳酸が溜まります。乳酸がたまると脳に筋肉疲労が伝達され、伝達を受けた脳は成長ホルモンを分泌します。

この成長ホルモンこそが加圧トレーニングの最大の特徴で、加圧トレーニングによって安静時の290倍もの多量の成長ホルモンが分泌されたという臨床結果もあるほどです。成長ホルモンは体全体の成長や、筋肉、骨の成長を促すホルモンです。また別名、若返りホルモン、ダイエットホルモンとも呼ばれる、女性にとってうれしい効果がたくさんあります。

成長ホルモンが分泌されることで筋肉が効率よく増強されるため、筋肉をつけて美しくやせたい女性にとっておすすめのダイエット方法と言えます。脂肪を減らすだけのダイエットや食事制限中心のダイエットでは、生活習慣や食事制限をやめた途端に効果が現れなくなり、リバウンドしてしまうこともあります。

しかし大量の成長ホルモンの効果で筋肉を増やす加圧トレーニングでは、基礎代謝もあがり、痩せやすく太りにくい体質へと改善できます。その結果、リバウンドの心配をすることなくダイエットを成功に導きます。

成長ホルモンは体内で生成される物質で、生涯を通して分泌されるものの、その量は10代をピークにして減少していくと言われます。30代、40代では約半分の量にまで減ります。中年と言われる年代に差しかかると、脂肪がつきやすくやせにくい体質になるのは、成長ホルモンの分泌量が関係しています。

加圧トレーニングでは年齢にかかわらず、血流を制限することで成長ホルモン分泌を促すため、年齢を重ねて痩せにくくなっている人や、もともと運動嫌いで運動もダイエットも続かなかった人、筋肉が少なく筋トレはしたくないという人にとっても、筋肉痛のリスクも少なくおすすめです。

高血圧とはどんな状態?

高血圧は現代では生活習慣病のひとつで、30代では2人に一人が高血圧と言われています。高血圧とは心臓から筋肉や脳に血液を送る際の圧力の高さが、正常値よりも高い状態を指します。

血圧は気温によっても変わりますし、緊張した時や運動した時、また飲酒した時などにも上がり、生活している上では絶えず変化していて、一時的に血圧が上がることはよくあります。しかしこのような一時的な血圧の上昇は高血圧とは言わず、安静にしていても血圧が正常値より高い状態を高血圧と位置づけています。

高血圧は遺伝的な要因の他、食生活の乱れなどによる生活習慣が原因となることが多く、塩分の多い食事や肥満、ストレス、喫煙、運動不足などが高血圧を引き起こすと言われています。

高血圧を放置していると、血管壁が傷つきやすくなる他、血管の内側が厚くなり血管の柔軟性が失われます。その結果動脈硬化を起こしやすく、脳卒中や心筋梗塞、脳出血など命に関わる病気にかかるリスクが高くなります。

中でも脳梗塞や脳出血、くも膜下出血などの脳卒中は高血圧によるリスクが最も高まる病気で、命が助かっても高い確率で言語や運動障害が残り、長期に渡るリハビリや介護生活を余儀なくされることも少なくありません。

他にも高血圧は腎臓にも負担がかかり、慢性的な腎疾患にかかると脳卒中や心筋梗塞でも死亡率が高くなることもわかっています。

高血圧が引き起こす病気は命に関わる深刻なものが多く、前触れもなく突然起こることが多いものですが、一方で家庭での定期的な血圧計測や健康診断などで見つける機会の多い症状でもあります。食生活や運動など、日常生活の見直しで早期に症状を改善し、深刻な病気のリスクを回避しましょう。

高血圧の人は加圧トレーニングするとどうなる?

高血圧の人は、安静時の血圧が正常値を超える範囲であるため、筋トレなどの高い負荷の運動は避けるべきとされています。普段から体を動かす習慣をつけ筋力を維持することが重要ですが、過度に心臓や体に負担のかかる運動はなるべく避け、低負荷の運動を選ぶことをおすすめします。

一般的に運動やトレーニングには、有酸素運動や無酸素運動があり、有酸素運動はジョギングや水泳、ウォーキングなどの軽い負荷を継続してかける運動です。一方、無酸素運動は筋力トレーニングや重量上げのように強度の負荷を短期間、瞬間的にかける運動で、血圧が上がりやすいため高血圧の人は避けたほうが良いでしょう。

では加圧トレーニングはどうでしょうか。加圧トレーニングで行う運動そのものは、ごく軽い負荷の動きですが無酸素運動です。また腕や足にベルトを巻いて加圧し、血流を制限した中で行う点も特徴です。

加圧トレーニングは高血圧の患者は避けるべきという見方もありますが、加圧し血流を制限することで、血管がより多くの血液を得ようとして拡張します。さらに加圧を解除し、血管に血流が一気に戻る際に、血管内の老廃物を流していきます。つまりトレーニングを継続していくことで、血管が広がって老廃物が減り、血管そのものの弾性が増し血管の若返り効果も期待できます。

一部の報告では、加圧トレーニングで血流を制限したことで血液が行き場を失い、その結果細かい血管が増えたというケースもあるようです。血管が増えれば当然血圧降下にも一定の効果が見込めます。

また加圧トレーニングには、成長ホルモンによる脂肪分解や一酸化窒素による血管若返り効果もあります。正しい知識を持って継続的にトレーニングを行うことで、血圧コントロールに役立てることができます。

低負荷での運動がおすすめ

無酸素運動は高血圧患者は避けるべきとされ、無酸素運動のひとつである加圧トレーニングも、血圧が高い人にはおすすめしないという考え方もあります。加圧トレーニングが高血圧患者に向かないとされるのは、加圧を解除した際に一気に血流が戻ることで、さらに血圧が上がるためです。

加圧トレーニング中に行うトレーニングそのものは、無酸素運動であるものの、ごく軽い負荷の運動が中心なので血圧上昇にはさほど影響はありません。

それでは、高血圧の人はどのような点に留意して加圧トレーニングをすれば良いでしょうか。先述のとおり、主に懸念されるのは除圧時の血圧上昇と、加圧して行う瞬発的に高強度な運動です。

そのためトレーニング時は、かける加圧ベルトの圧力を下げ、軽い負荷の無酸素運動を行うようにします。また加圧ウォーキングなど、有酸素運動を組み合わせる工夫をすることで、高血圧の対策に加圧トレーニングを取り入れることも十分に可能です。

まとめ

高血圧患者には向かないとされる加圧トレーニングも、やり方を工夫すれば高血圧の治療や血圧コントロールにも十分役立てることができます。

しかし元来特殊なトレーニング方法である加圧トレーニングは、自己流や自己判断は危険が伴います。血圧が高めと診断されている人は特に、自分で判断せず専門家のアドバイスに従って、適切な圧力やトレーニングメニューを用いて高血圧改善を目指しましょう。

トレーナーと二人三脚でトレーニングを続けることで、無理なく血圧改善も期待できるでしょう。